Alpha Win Capital Financial Research Professional

MENU

レポート掲載企業

基本情報

  • 【決算期】3月期
  • 【上場時期】2004年11月
  • 【市場】東証一部 
  • 【証券コード】9629
  • 【時価総額】16,524百万円(18年12月末)
  • 【特色】独立系の基幹業務用パッケージソフトハウス

(予は会社予想、連結、百万円)

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS(円) 配当(円)
16/3 8,440 40 66 -93 -13.71 31.00
17/3 9,360 432 763 160 23.49 31.00
18/3 9,785 807 834 441 64.37 31.00
19/3 11,439 1,248 1,277 906 133.25 31.00
20/3予 13,404 2,405 2,435 1,572 236.40 31.00

(予は会社予想、連結、百万円)

※右にスワイプして全体をご覧いただけます。

  • 調査レポート

    Feb.5.2020

    PCA's FY 2020 Q3 Research Report (Short Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    9629 PCA:This FY's forecast revised up again – going forward, key points are next FY's performance & shareholder return measures
    Successful transition to a subscription-based business model. Also benefited from event-driven high demand.
    Fallback from the event-driven high demand was smaller than the Company had expected.Revised this FY's full-year forecast for sales & profit upward again.Sales & profit will certainly show growth for the 5th year in a row as well as reaching their record highs.
    Next FY,a temporary decline in sales & profit expected in a fallback.Stock price will depend on next FY's performance, but possible dividend hike and stock split as well as growth potential of profit suggest potential investment opportunities over the medium term.

  • 調査レポート

    2020年2月3日

    20/3期第3四半期決算を対象としたショートレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    ~今期業績を再上方修正、今後の焦点は来期業績と株主還元策~
    サブスクリプションモデルへの転換が奏功。特需も寄与。特需の反動減は会社想定以下で、今通期の業績見通しを売上高・利益とも再度上方修正。5年連続の増収増益、過去最高売上高と利益の更新が確実。
    来期は反動減で一時的に減収減益を予想。株価は来期の業績を伺う展開だが、増配や株式分割、利益成長のポテンシャルを考慮すると中期的な視点から投資機会があると思われる。

  • 調査レポート

    Jan.10.2020

    PCA's FY 2020 Q2 Research Report (Full Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    ~9629 PCA:major upward revision to this FY's forecast,sales & profit growth, potential dividend hike & stock split~
    Cloud business's performance continues to be great.Sales & profit grew in H1 with event-driven demand.Operating profit grew by 6x.
    This FY's full-year forecast was largely revised up,but the results may turn out to be even greater.Record-high sales and profit will definitely be achieved.Potential dividend hike and stock split.
    Next FY,a temporary decline in sales & profit is likely to occur in a fallback from the event-driven demand.Annual average profit growth rate of 8-10% is expected over the medium to long term.

  • 調査レポート

    2019年12月27日

    20/3期第2四半期決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    ~今期予想を大幅上方修正、増収増益。増配・分割に期待~
    クラウドビジネスが好調持続。特需も寄与し上期は増収増益、営業利益は6倍増。
    今通期予想を大幅に上方修正したが、更なる上振れ余地あり。過去最高売上高と利益の更新が確実。増配・分割に期待。
    来期は特需の反動減で、減収減益の可能性が高いが一時的。中長期の年間平均利益成長率を8~10%と予想。

  • 調査レポート

    Aug.9.2019

    PCA's FY 2020 Q1 Research Report (Short Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    ~9629 PCA: positive surprise in Q1, FY upward revision likely~
    This Q1’s results were a positive surprise: sales & profits increased largely and hit Q1 record highs. Excellent products & cloud businesses.
    Event-driven high demand in Q3 and later needs to be evaluated, but full-year upward revision is likely. Expecting rise in sales/profits for five years in a row and record-high net profit.
    Stock price soared, hitting the highest value since becoming listed on TSE 1st Section.

  • 調査レポート

    2019年8月6日

    20/3期第1四半期決算を対象としたショートレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    ~Q1決算はポジティブサプライズ、通期上方修正が濃厚~
    今期Q1決算は、大幅な増収増益となりポジティブサプライズ、Q1としては過去最高売上高・利益を更新。製品・クラウドなどが絶好調
    Q3以降の特需を見極める必要はあるが、通期業績は上方修正される可能性が高い。
    5年連続の増収増益、過去最高利益(当期利益)の更新が視野。
    株価は急騰し東証一部上場来の高値を更新。

  • 調査レポート

    Jul.4.2019

    PCA's FY 2019 Research Report (Full Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    9629 PCA: great results, record-high net profit expected this FY, potential for upward revision
    Great results thanks to the cloud business and labor management system.
    This FY, expecting an increase in sales and profit for the fifth year in a row, record-high sales, and record-high net profit.
    An upward revision to this FY’s results is possible.
    Will raise its product development skills and focus on providing new products and services.
    Aiming to become a “management-supporting company” that supports smooth management and operation alongside small-sized, medium-sized, and mid-tier companies.

  • 調査レポート

    2019年6月25日

    19/3期本決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    業績絶好調、今期は過去最高当期利益の更新を計画、上方修正余地有り
    クラウドビジネスと就業管理システムが牽引し業績は絶好調。
    今期は5期連続の増収増益を計画し、過去最高売上と同当期利益の更新が視野。
    なお、今期業績は上方修正余地があると考えられる。
    製品開発力を高め、新製品・新サービスの提供にも注力。
    中小・中堅企業に寄り添い、円滑な経営・運営をサポートする「マネジメントサポート・カンパニー」を志向。

  • 調査レポート

    Feb.28.2019

    PCA's FY 2019 Q3 Research Report (Short Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    9629 PCA: positive surprise, full-year sales & profit forecast largely revised up
    The Company largely revised up this FY's full-year sales & profit forecast. Profit growth & record-high sales very likely.
    Expects 30% profit growth next FY. Stock price rose but cheaper than rivals.

  • 調査レポート

    2019年2月25日

    19/3期第3四半期決算を対象としたショートレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    9629 PCA,通期の売上・利益予想を大幅に上方修正,ポジティブサプライズ
    Q3は先行投資負担から増収減益。一方、クラウドやソリューションが絶好調で、今通期の売上高と利益予想を同社は大幅に増額修正。
    当調査部の従来予想も上回り、ポジティブサプライズ。
    4期連続の増収増益、過去最高売上高の更新が濃厚。来期も約3割の大幅増益が見込める。
    株価は上昇しTOPIXを大きくアウトパフォームするが、同業他社比較では依然割安。

  • 調査レポート

    Jan.23.2019

    PCA's FY 2019 Q2 Research Report (Full Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    9629 PCA: this FY profit may be revised up with strong cloud biz
    Independent, specialized maker of packaged enterprise system software.
    This H1, sales up & profit down since new product development cost increased but higher full-year result expected with great cloud business.
    Expect cloud to drive continuous sales/profit growth excluding effect of unusual high demand.

    Set targets for medium-term plan & will shift to subscription-based model.Cheap stock value compared to competitors.

  • 調査レポート

    2018年12月21日

    19/3期第2四半期決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    上期減益だがクラウドが絶好調、通期利益に上方修正余地あり
    今上期は、新商品開発負担増から増収減益だが、クラウドビジネスが絶好調で通期では上方修正が見込まれる。
    クラウドが成長ドライバーとなり、特需効果を除けば増収・増益トレンドが継続すると判断している。
    新社長の下に発表された中計では、数値目標を設定。ストックビジネスにシフトする方針。
    株価は同業他社比較では割安。

  • 調査レポート

    Aug.20.2018

    PCA's FY 2019 Q1 Research Report (Short Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    Q1 profit fell from investing but strong fundamentals
    This FY’s Q1 sales were Y2,346 mil (+11.3% YOY), O.P. was Y57 mil (-67.1% YOY).
    The fundamentals are still strong since the large profit drop was caused
    by the upfront investment cost and sales were above expectations.

  • 調査レポート

    Aug.20.2018

    PCA's FY 2018 Research Report (Full Report)PDFを新規ウィンドウで開きますin English was published.

    Enter the next growth stage with cloud business
    An independent company that is a major player as a specialist of enterprise systems.
    With rapid growth of the profitable cloud business, another record-high in sales is expected
    for this fiscal year with consecutively increasing sales and profit for the fourth year in a row.

  • 調査レポート

    2018年8月20日

    19/3期第1四半期決算を対象としたショートレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    今期第1四半期決算~先行投資負担から大幅減益ながらファンダメンタルズは好調
    今期Q1は売上高2,346百万円(前期比11.3%増)、営業利益57百万円(同67.1%減)、当期純利益34百万円(同64.6%減)。
    大幅減益だが次世代製品開発向けの先行投資負担によるもので、売上高は想定を上回っていることからファンダメンタルズは
    好調を持続していると当調査部では判断している。

  • 調査レポート

    2018年7月18日

    18/3期本決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを掲載しました。

    クラウドで再成長ステージへ。

    基幹業務のパッケージソフトに特化した独立系の専業大手。
    採算性の高いクラウドビジネスが急成長し、今期は4期連続の増収増益、過去最高売上高の更新を計画。
    中期的にも同ビジネスと保守サービスのストックビジネスが、成長ドライバーとなろう。
    バリュエーションも同業他社と比較すれば割安。11月の中期経営計画の発表内容に期待。

  • 調査レポート

    2018年7月17日

    ピー・シー・エーのウェブサイトがスタート。

もっと見る

PAGETOPPAGETOP