Alpha Win Capital Financial Research Professional

MENU

レポート掲載企業

SYSホールディングス

SYSホールディングス IRサイト新規ウィンドウが開きます

基本情報

  • 【決算期】7月期
  • 【上場時期】2017年6月
  • 【市場】東証スタンダード 
  • 【証券コード】3988
  • 【時価総額】3,534百万円(22年11月末)
  • 【特色】組込みシステムや大型業務システムに強みを持つ情報サービス会社。

(予は会社予想、連結、百万円)

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS(円) 配当(円)
15/7 3,704 32 62 37 8.98 0.375
16/7 3,755 172 173 144 34.65 0.375
17/7 3,899 217 215 163 38.48 5.0
18/7 4,163 199 205 147 28.70 6.5記
19/7 5,130 216 228 154 29.99 6.0
20/7 5,890 344 341 220 42.97 6.5
21/7 6,296 381 397 276 53.59 7.0
22/7 7,576 435 457 305 59.15 7.5
23/7予 8,500 510 510 330 63.54 8.0

(22年2月1日付で1:2の株式分割、1株指標は株式分割後、予は会社予想、連結、百万円)

※右にスワイプして全体をご覧いただけます。

  • 調査レポート

    2022年12月8日

    22/7期本決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを公開。

    22/7期業績は20.3%増収、14.2%営業増益。新規案件の獲得や新規連結子会社の貢献等により、4期連続の増収増益。売上高、営業利益共に期初計画を上回る好決算となった。
    23/7期業績の会社予想は12.2%増収、17.1%営業増益。アルファウイン調査部予想は23/7期では27.4%増収、19.8%営業増益、24/7期では11.5%増収、16.3%営業増益。2022年11月に買収した新規連結子会社4社の業績貢献を織り込んでいる。

  • 調査レポート

    2022年5月10日

    22/7期第2四半期決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを公開。

    22/7期第2四半期累計業績は23.5%増収、15.8%営業増益。半導体不足に伴う受注延期の影響を受けたものの、社会上方インフラ事業の受注増により期初計画を上回る増収となった。採算面ではインドネシアでのロックダウンの影響を吸収し、増収、オンラインツール活用での経営効率化で増益となった。
    22/7期業績の会社予想は19.1%増収、10.0%営業増益。アルファウイン調査部予想は売上高では会社予想をやや上回る19.6%増収、営業利益では会社予想を上回る19.8%増益。新規連結子会社の貢献に加え、企業のソフトウェア投資が回復すると想定した。

  • 調査レポート

    2021年12月1日

    21/7期本決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを公開。

    21/7期業績は6.9%増収、10.8%営業増益。コロナ禍の影響を受けたものの、売上高の拡大や販管費率の改善により、3期連続の増収増益となった。売上高、営業利益共に期初計画を上回る好決算となった。
    22/7期業績の会社予想は11.2%増収、10.0%営業減益。アルファウイン調査部予想は22/7期では13.2%増収、12.2%営業増益、23/7期では5.5%増収、7.9%営業増益。企業のソフトウェア投資回復や近年買収した子会社群でのシナジー効果を見込む。

  • 調査レポート

    2021年4月27日

    21/7期第2四半期決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを公開。

    21/7期業績のアルファウイン調査部予想は、売上高5,975百万円(前期比1.4%増)、営業利益は会社予想である330百万円をやや上回る336百万円(同2.4%減)へ。
    22/7期業績のアルファウイン調査部予想は、売上高6,180百万円(前期比3.4%増)、営業利益363百万円(同8.0%増)を予想する。売上面はコロナ禍影響緩和と新製品「SYS ERP Cloud」の貢献等を織り込み、営業増益に転じると予想した。

  • 調査レポート

    2020年11月27日

    20/7期本決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを公開。

    20/7期業績は14.8%増収、59.1%営業増益。期初会社予想に対し売上高では0.7%、営業利益では30.7%の超過と好調だった。高採算案件があったこと、技術者の稼働率が想定を上回ったこと等で営業利益が計画を超過した。
    21/7期業績の会社予想は1.9%増収、12.9%営業減益。アルファウイン調査部予想は21/7期では1.5%増収、12.0%営業減益、22/7期では2.8%増収、5.0%営業増益と営業利益黒字転換へ。

  • 調査レポート

    2020年4月30日

    20/7期第2四半期決算を対象としたフルレポートPDFを新規ウィンドウで開きますを公開。

    20/7期業績のアルファウイン調査部予想は、売上高5,841百万円(前期比13.8%増)、営業利益は会社予想である263百万円をやや上回る277百万円(同28.0%増)へ。
    21/7期業績のアルファウイン調査部予想は、売上高5,845百万円(前期比0.1%増)、営業利益277百万円(同横ばい)を予想する。売上面はコロナウイルス問題によるソリューション別の売上高予想の積み上げ、利益面では採用の抑制や外注費の削減等を想定した。

  • 調査レポート

    2020年4月30日

    SYSホールディングスのウェブサイトがスタート。

PAGETOPPAGETOP